コンテンツ
ヘッダ

きりきりしゃんと!

小説家、榎木洋子の日記。仕事に関するもの、 そうでないもの。

カレンダー

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ボディ
メインコンテンツ

記事

タイトル
タイトル
いよいよ最後です
記事本文
こんばんは。
いよいよ企画のお返事最終日です。
いままでお付き合いくださいまして、ありがとうございました。
来年もまたこんな企画が出来たらいいなーと思います。
今回参加できなくて、やっぱりコメント付けるの恥ずかしい。でもファンレター出したーいと言う方は、郵送でコチラへどうぞ〜。
〒101-8050
東京都千代田区一ツ橋2−5−10
集英社コバルト編集部 気付
榎木洋子

では続きからどうぞ〜。
記事続き
サラさんへ
滑り込みセーフ。ありがとうございました。
影の王国の瞳ちゃんと月哉は、なんであんなに奥手同士なんでしょうかね、ってくらい奥ゆかしすぎて、書いてる方もたまに何でそこで留まる!って言って書いてました(笑)。瞳ちゃんのようになったら悪者に狙われちゃうから、何事もないのが一番です。でも、恋の三つや四つはあったとセンセー思います。来年の受験。十代ではもっとも大きな出来事でもありますから悔いのないようにエイッと頑張って下さい。春になったらレティたちがおめでとうって言ってくれますよ♪


さくらさんへ
お久しぶりです。おなつかしい名前です。てんやわんやの二年でしたね。
レティの感想ありがとうございます。城壁のシーンは私も気合い入れて書いたので、そう言って貰えるととっても嬉しいです。その後のレティたちはそりゃもう定石通り、はっちゃけたお転婆な女王になります。四兄弟休む暇無し!ってね。レティも影の王国も愛してくださっててありがとうございます。終わっちゃって、ホッとしつつも、やっぱり寂しい作者です。
そして誕生日おめでとうございました(>_<)


理也さんへ
さて、最後のコメント。また熱烈長文なのきた! ニコニコして読みました。
三年といえば、学生の皆さんには長い年月でしたよね。中学高校は、入学して卒業するまでだもの。ご愛読ありがとうございました! 私は読者の皆さんに届け届けと思いつつ書きますが、それをどこまで深く鮮やかに受けとるかは、やっぱり読者の皆さんの心の豊かさに負うところが大きいです。たくさんの小説の中から私の本を選んで読んで下さってありがとうございます。
レティはハッピーエンドを目指した物語です。物語としてもそうですけど、それぞれのキャラクターにとってもハッピーエンドを願ってました。最後のレティからのご褒美?シーンは、文字通り物語では苦労続きだった兄弟たちへのご褒美と、レティ、まだまだお兄ちゃんズを異性としてみてません残念!の図でもあります(笑) 
新しい守龍の話でも、同じように理也さんが楽しんで下さるよう頑張ります。
仮題で大変だったでしょうに長文をありがとうございました。最後まで楽しく読みました♪

前後の記事
<< 22番目の方まで返事 | TOP | ポッキーなう >>

Comment

コメント本文
commentAnchor199
榎木洋子先生の作品を初めて見かけた時、真っ先に「買いたい!」と思い、すぐに手に取っちゃいました><
イラストは華麗で可愛く、私は可愛い少女(ルーチェ)とイケメンな青少年(ライル)が大好きになりました!!
イラストはすごく綺麗で、お話の内容も素敵でした!私はフィクションの本が好きなので、自分にとってもピッタリな本を見つけ出すことができて本当に榎木先生に感謝!心から感謝しています!!これからも様々な物語と素敵なイラストを楽しみ待っています><
応援しています!!
海外 
台湾生まれのayumiさん
コメントフッター
あゆみ | 2012/12/16
コメント送信

Trackback

フッター
コピーライト
This template is made by CYPHR. (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.