Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

HPイベント

コメント企画です

おはようございます。
十月三日の朝です。
今日は私にとっての特別な日。
日ごろの感謝を込めて、例の企画をします。
当日になってのお知らせですが、前にもやっていたお誕生日の特別レス企画。
本日、この記事にコメントいただけた方、全員にお返事いたします。
ヽ(゚∀゚)ノ
時間は今から夜明け前まで(終わりはわざと曖昧にしました)。
コメント内容は、書きたいことで大丈夫。
あの作品が好き、誰が好き、あのあとみんなどうしてる?等々。

なお、返事は数日をかけてになります。

  • 2013.10.03 Thursday
  • 07:29

Comment
 twitterでお世話になってます、蒼菜です。呟きを見てこちらにお邪魔させていただきました。
 おお、どんな日なんでしょう? お誕生日だったらおめでとうございます。
 さて本題。小説家の専門学校ってあるんですね。早稲田の文学部ぐらいだと思ってました(そして早々にさじ投げたあの日…)。
 お忙しいかとは思いますが、私にも少々質問させて下さい。お答えいただければ幸いです。
 私も小説を書くのが好きでそれで食べていけたらなぁと思うのですが、書いたものを人に読ませるとどうしても「キャラが弱い」と言われてしまいます。涼○ハルヒのような、いわゆる「ぶっとんだキャラ」は物語を動かしやすく、インパクトが強いというのはわかっています。しかし、「ないない」ってつぶやきながら読んでいるので私個人としてはリアリティがなく、あまりそのようなキャラは使いたくないと思っています。それとも、デビューし、売れるようになることを最優先にしてどうにか使わなければならないのでしょうか。「望まぬことでも理不尽なことでもやらねばならぬ」という社会人の性からは小説家であっても逃れられないものなのでしょうか?
 ブログにコメントする、というのはよそ様も含めて初めてなもので…改行が読みにくかったり失礼な発言がありましたら、平にご容赦を。
  • 蒼菜
  • 2013/10/03 8:08 AM
洋子さん、お誕生日おめでと〜! 。・゚・。・ヽ(*´∀`)ノ 。・゚・。・

物語を作ってたくさんの人物を描き出すのは、楽しかったり嬉しかったりの反面、身を削っての大仕事だと思います。ちょっとはわかる。ww

受け取るばかりの読者ですが、洋子さんの世界観に元気をもらえたり癒されたりワクワクしたりしたいので、疲れたら遠慮なくお休みしつつ、またキーを打ってね。

好きな作家さんは休み休みでも息長く書いてくれることが一番だなって最近よく思います。
同じ時代を生きられて、リアルタイムで新刊読めるとか、考えてみたらすごくラッキーなんだよね。

なので、身体と心大事に。
いつも応援してます。(^^)/
  • 後藤星
  • 2013/10/03 11:22 AM
追記。

ごめん…↑これでは洋子さんが最近書いてないみたいな言い方になってしまった。ち、ちがうよ…!!;;;

ええと、つまり、結局はいつだって楽しみに待ってるからね!ってことです。(^^)ゞ
  • 後藤星
  • 2013/10/03 11:27 AM
初めましてです。榎木先生の本はとても大好きで学生時代からずっと読ませて頂いてます(´∀`)一番好きなのは龍と魔法使いです。いつの間にか三人の子持ちになった今でも読み返したりします。いつか子供達にも読んでもらえるように永久保存です(≧▼≦)
これからもご活躍楽しみにしてます。
  • 大和
  • 2013/10/03 3:42 PM
はじめまして(*^_^*)お誕生日おめでとうございます(*^_^*)先生の本は学生の頃からいい年になっても(笑)楽しく読ませて頂いてます。リダーロイス、守龍、etc,etc、、、。新作もいつも心待ちにしております(^^♪これからも、ますますのご活躍楽しみにしております。
  • 瑞穂
  • 2013/10/03 4:30 PM
お誕生日おめでとうございますっ♪
はじめまして。
リダーロイスシリーズからのファンですが、しばらく読まないうちにたくさん出ていてびっくりっ
アルダや乙女シリーズ・・・そしてウミベリまで読破しましたっ。
やっぱり守龍ワールド大好きですっ。

これからもご活躍楽しみにしています。
  • 梨緒
  • 2013/10/03 5:44 PM
こんばんは。榎木先生、お誕生日おめでとうございます(*^▽^)/★*☆♪


たくさんの作家さんや作品があるなかで、20年も追いかけられる先生に出会えたこと、本当に幸せだと思います。

そして、こうしてブログやTwitterを通じて直接先生やファンの皆さんとやり取りできる幸せ! 昔の自分に教えてあげたい(笑)

これからもお身体に気をつけて、いろんな世界を私たちにみせてください!

  • みゆ
  • 2013/10/03 6:28 PM
榎木先生、お誕生日おめでとうございます☆
初めて先生の本とお会いしてから早十数年たちましたが、今年の夏コミで初めてお会いしてとても感動でした!!
先生が産まれてきてくださったことで、さらにたくさんのお話やそのお話の登場人物が生まれてくれて、たくさんたくさん幸せをいただきました。
本当にありがとうございます。
私、幸せです(笑)
これからも先生のお話たちと一緒に成長していきたいと思います♪
お身体に気をつけて、お元気にお過ごしくださいませ(*^^*)
  • あきこ
  • 2013/10/03 6:31 PM
お誕生日おめでとうございます。

リダーロイスの頃から読んでいて、好きなのはやはり守龍世界のシリーズです。

気になっていた事なのですが、龍と魔法使いのラスト以降、タギのところの双子からの血統って、何処を中心に続いて行っているのでしょうか?
子の代でフウキに戻っているのか、何世代も東の果て半島に留まり続けていた(アルダに続く?)のか、はたまた巨人の隠れ里に移り住んでいるのか・・・
でもタギの血統なら、どこかに留まっているのではなくて世界中に散らばって、子孫が広がっていっていたり?

そして一番重要なのは、シェイラはどの程度把握しているのでしょうか?
青の宝国の血筋の方は、一週回って入っていない予感ですけれども。
  • 仮井
  • 2013/10/03 7:15 PM
榎木先生!お誕生日おめでとうございます。


リダーロイスシリーズの頃から、先生のお話が大好きです。
新作も正座で待機して待ってます。

先生に質問です。
ウミベリの『秘密の島のヒミツの話』で、トルマスはリダーロイス王と出会いますよね。
トルマスとミミの結婚式に、リダーロイス王は出席されたのでしょうか?
ウミベリとミズベは青の宝国を挟んで、南の大街道で交流があるはず。
リダーロイスはトルマスと再会することがあったのでしょうか?
王妃様は?
それとも、リダーとユカリの子どもたちと交流のがあるのかな。
想像すると、とてもワクワクします。

先生の描かれる世界が大好きです。
これからもお身体に気をつけて、楽しいお話を読ませてください。
先生と先生のお話に出会えたこと感謝します。
  • ウラン
  • 2013/10/03 8:18 PM
誕生日おめでとう御座います(●´ω`●)
榎梛(かな)と申します。
昔から小説読ませて頂いてます。リダーロイスから愛読させて頂きました。先生が書かれる世界観が大好きです。
Twitterでblog更新されたと聞いて来てみました。
これからもお身体にお気を付けながら執筆活動頑張って下さい。応援してます。
  • 榎梛
  • 2013/10/03 8:30 PM
はじめまして。


榎木先生、お誕生日おめでとうございます!
心よりお祝い申し上げます。

りゅーまの頃から、守龍ワールドの魅力に惹かれています。龍好きになった原点が榎木先生の作品です。更に幻獣スキーに派生し、大学では日本文学を専攻しました。


今年の夏の祭典で久しぶりにタギやシェイラに会えて、本当に嬉しかったです。
読み終わったら魂が震えて「じーん」としてました。ここまで文章を読んで感情を揺さぶられたのも久しぶりでした。

胸を張って、また榎木先生作品に逢えるよう、精進したいと思います。


最後になりましたが、榎木先生にとって幸多い1年となりますよう。
  • 月笛
  • 2013/10/03 8:50 PM
榎木先生
 

 はじめまして。
はると申します。

特別な日おめでとうございます。

今日何となく、榎木先生を検索したら旧blogにたどり着き、エマの物語を拝見しほっこりし
こちらの新blogまで流れ着きました。
そして20周年記念本の存在を知り、先ほどとらのあなでポチッとしてきました。

小・中・高と榎木先生の龍のいる世界や影の王国に憧れ、新刊を手にする度にドキドキワクワクしていた気持ちを思い出しました。

多感な時期に素敵な物語の世界に触れる事が出来てとても幸せでした。
ありがとうございます。

そして、質問なのですが
サキトシリーズはもう執筆されないのでしょうか??

サキト君や七実ちゃん、麦君に雅都さんや謙二さん
とても大好きなキャラクター達なので
(双子も好きです)
できれば、二人の淡い恋心の進展や
生徒会役員になってからの
活躍を読んでみたかったです。

ともあれ、最近榎木先生の作品から離れていたので
離れていた間に紡がれていった物語の収集に
走ろうと思います。

読書の秋、堪能させて頂きます。

それでは!!

  • はる
  • 2013/10/03 9:00 PM
先生お誕生日おめでとうございます!!!

Twitterでも一度挨拶をさせていただきまして、その返信をしてくださったことがとても嬉しかったです。
先生の作品はリダーロイスからずっとおいかけていて、どの作品も大好きな宝物です。
龍と魔法使いはいまでも何度も読み返します。タギとレンのコンビが大好きです。
レティーシュナイツも好きです。
どうしてこんなに魅力的なキャラ、作品が書けるんでしょう。尊敬してやみません。
知らない方に布教させたいせすし、いつかこどもができたとき、こんなに素敵な文章や感情を描く方がいるんだよ、と教えたいです。
これからも、いつでも先生を追いかけます。
体調にどうかお気をつけください。
葉月は一生先生のファンです。
  • 葉月
  • 2013/10/03 10:01 PM
榎木先生、お誕生日おめでとうございます(o'ω')ノ
今日という日が先生にとってより良い日となりますように!明日もまたそれ以上により良い日になることを祈念しております(^-^)

小学生高学年になったとき、友達きっかけで小説を読み始めた頃に、リダーロイスシリーズに出会いました。
当時、星龍セインが好きで、どうなっちゃうのかなーとドキドキしながら読んでいた覚えがあります。
もちろんほかのキャラクター達もどうなるのか本当に気になって、何回も読んでいました。
また、高校時代には、特に好きな緑のアルダシリーズがリアルタイムで刊行されていて、発売日には本屋にダッシュしていました。
アルダ&#8226;ココとウルファのその後がまだまだ気になっています。もう少し進展したのかなとか。

これからも陰ながら応援しております(o´・ω-)b
  • 紗桜
  • 2013/10/03 10:32 PM
先生誕生日おめでとうございます。
高校の図書館で龍と魔法使いを読み守龍ワールドを知りました。たぶんコバルト文庫で一番最初に読んだ作品です。守龍ワールドの続編にあたる緑のアルダや乙龍も購入して愛読していました。男が女性向け文庫を買うのはちょっと恥ずかしかったのですが(笑

残念ながら龍と魔法使いは私が初めて手に取ったころには絶版となってしまっていたため購入できなかったのですが、最近は電子書籍として出回っているのですね。これなら男でも恥ずかしくないです。久しぶりにいま読み返しています。
社会人になって少し懐にゆとりが出てきましたので、また先生の作品を読みたいと思っています。願わくば先生が最近出された同人誌も電子書籍として手に入れたいです。。

それでは、また次の一年が先生にとって幸多いものとなりますよう心から祈っております。
  • ひつじ
  • 2013/10/03 10:35 PM
先生、お誕生日おめでとうございます!
Twitterでのお知らせを見逃していたにも関わらず、ふと思い立ってこちらを覗いてみれば…なんと先生のお誕生日!そしてこの素敵企画!!
私はいつも間が悪くて今までのイベントもあとちょっとのところでタイミングを逃すことが多かったので、夜が明けていないことに心から感謝しました(笑)

初めて先生の作品に触れてから早いもので20年が経ちます。
あの頃は小学生だった私も今や母となりました。
子育てに追われつつも趣味でちまちまと文章を書き綴っていたりして、先生から受けた影響の大きさに自分でも驚いています。
だって先生の作品に出会っていなかったら自分で物語を紡ごうなんて考えられなかったもん!
小説を読む楽しさだけでなく、書く楽しさまで教えてくれた先生に感謝の気持ちでいっぱいです。

先生の作品はどれも大好きで絞るのは難しいのですが、最愛はやっぱりタギかなぁ。
リダーシリーズではハイレオンが特にお気に入りだったので、その後りゅーまを読んでタギとレンに出会ったとき「なんだかこの二人ハイレオンとラシェンみたいだなぁ」と嬉しくなったのを覚えています。
ほら、髪の色も黒と金だし!(笑)
結局ハイレオンを越える勢いでタギにハマってしまったわけなんですがっ(>_<)

さて、この機会に私からも質問をひとつ!
レティーシュナイツについてです。
物語冒頭でレティとエドウィーが出会った場面で、二人の軽快なやりとりを見て私はてっきりエドウィーがレティのお相手になるのだろうと思っていました。
その後物語が展開して二人の恋模様なんて言ってる場合じゃなくなりましたが、少なくともエドウィーは絶対にレティを好きだろうと!
結局最後まで明確に好意を示すような描写はなかったので、私の思い過ごしだったのかなーとも考えましたが、「いや、きっとエドウィーは母親のことでレティに負い目を感じて、好意を示すことなんてできなかったんだ」と深読みしてみたり(笑)
というわけで質問です!
エドウィーはレティを恋愛的な意味で好きだったのでしょうか?
レティは…周りにあれだけ魅力的なお兄様方がいるから、恋愛に関してはちょっと感覚がずれていそうなので期待せずにおきます(笑)

長々とすみません!
先生とお話できると思ったらもう嬉しくて止まらなくて(>_<)
これからもずーっと応援しておりますので、お体を大事にして頑張ってくださいね!
最後に…HappyBirthday♪
  • 水音
  • 2013/10/03 10:43 PM
先生お誕生日おめでとうございます!!
(*'▽'*)
先生の作品に出会ったのは小学生の頃です!
教室に置いてあるコバルト文庫を集めたケース?にある本を全部読破しよう!と思いたったことがきっかけです笑

左端から順に…と思い読んでいったのですが、
結構序盤で、緑のアルダに出会い、
ファンタジー好きな私はどっぷりハマってしまったのです(´▽`)
おかげで、コバルト読破どころではなくなり、緑のアルダを買い占め読みあさりました笑笑

今でも思い出の本です(^-^)
アルダ・ココが可愛くて、ウルファが私の好みドストライクでした!笑笑
小学校の図書室に、黄ばんだ、龍と魔法使い全巻が置いてあり、なんだか歴史を感じました(゚ω゚)笑

先生の本は世界観がすごーく好きです(・∀・)
中途半端でない、完全なるファンタジー観すてきです☆☆

私も物語を書く仕事に憧れてるので、
先生のような想像力養っていきたいです!!

せっかくなので(←?w)質問を!!
私は頭の中で物語を考えて、あらすじと結末を考えてたら、他の物語案が浮かんできて…なかなか中身が浮かばないのです(´・ω・`)
先生は、物語書くときにいき詰まったりしたらどうしてますか??
あと、物語考えるときってあらすじ(大まかな設定)から考えるんですか??
ぜひ教えてください!!

長文失礼しました!!
あと数分、よい日を☆
  • ちぃ
  • 2013/10/03 11:30 PM
お誕生日おめでとうございます♪
中学生の時にタギたちと出会って…もう三十路過ぎの子持ちです(笑)
先生の作品を読み返すと、色んな思い出も一緒に思い出します♪
これらも、ずーっと新作を楽しみにしています(≧▽≦)
いつか、子供にも読ませたいなぁ…&#1043213;
  • 2013/10/03 11:51 PM
 お初に目にかかります、綾世と申します。
 日付変更線を越えてしまいましたが、お誕生日おめでとうございます。
 この企画を知ったの、ついさっきだったので……。

 中学校の図書室に、龍と魔法使いがあったことが出会いでした。
 ヨールの旦那が素敵で……。
 緑のアルダにもヨールが出てきてくれて、当時とても嬉しかったです。
 守龍世界も大好きなのですが、影の王国とサキトシリーズも好きです。
 特にサキトシリーズは、まだまだ続きそうな雰囲気だったので、今でも続刊が出るのではないかと気になっています。
 サキト君たちは、また何かに巻き込まれているのかなぁなんて思いながら。
 彼らのチームプレー、大好きなんです。

 拙い文ではありますが。
 また今日からの新たなひととせが、幸多からんことを願いまして。
  • 綾世
  • 2013/10/04 12:19 AM
初めて、いつやと申します。
先生お誕生日なのですか!
おめでとうございます!
初めましてなのに、素敵な企画をされていたのでついコメントしたくなってしまいました…

私の好きな作品は影の王国シリーズです。
結婚をして実家を出たのですが、帰省すると読み返したりしています。
瞳と月哉のじれったさがまた…!
あと狼が大好きな私としてはイヤルドなどもたまりませんでした(笑)
他にも浅葱(パタナ?緑青?)と白妃も好きです。
最初白妃は好きになれなかったのに(ごめんなさい)、浅葱とのストーリーにやられてしまいました。
私の知りたいあのあとは、白妃と子供はどうなったのかです。
きっとウィン・ダーとバル・ニーヤが支えていくのでしょうが、もう子供の愛らしさを考えただけでにやけてしまいます。
もしよろしければ教えてください。

この素敵企画に気付いたのが日付変わる頃だったのが悔しいです。
先生のお誕生日にコメントしたかった…!
寒くなってくる季節ですので、体調にはお気をつけ下さい。
つい長くなってしまってすみませんでした。
  • いっつん
  • 2013/10/04 12:25 AM
榎木先生、お誕生日おめでとうございます!

小学生の頃に先生の本を初めて読んで、当時出ていた本を全て買い集めました。
もちろん今でも全て持ってますvv
(一番探すのが大変だったのはチューリップ革命です。いつもと違うタイプの本だったので本屋さんのどこに置いてあるのか分からなくて…)

龍魔シリーズが4・5巻くらいまで出ていた中学時代は、色んな本を友達と回し読みをして(貸したり借りたり)本の感想、誰々が格好良い!などなど言い合うのが好きでした。
リダーシリーズでは、「絶対龍の長老が悪いよね!!」と友人たちと結論を出したのですが…何年も経ってから読み返して、必ずしも長老が悪いとは言えなくなっている自分に気づきました。
同じ本を読んでも、その時の年齢、状況、経験の差などなど…色んな要素で感想が変わる。これが本の醍醐味、面白さだと思います。
そして、何度でも読み返したくなる榎木先生の本に出会えた事は幸せだなぁ〜(*^^*)と思います。

…なんか文章おかしいですね(汗)
言いたい事が少しでも伝わっているといいのですが。

体を壊さない程度に、執筆活動頑張ってくださいね(^^)
新作も楽しみですが、咲人シリーズとか月の人魚とか蜂の王女とか、イモ男爵の男の子とか! 続きも楽しみに待ってますよ〜っ!
…続きが難しい物もあるんでしょうか?(涙)
  • 紫夕
  • 2013/10/04 12:37 AM
☆★☆榎木先生、お誕生日おめでとうございます☆★☆

Twitterをしていないので、お祝いを伝える機会もないなーと思っていたら、こんな素敵企画を催されていたなんて!
見つけるのが遅かったので日付変わってしまいましたがorz
「夜明けまで」と曖昧にしてくださったので、まだセーフ、ですか?(;´・ω・`)

龍と魔法使いで先生の作品に出会いました。何回、何十回と読んでもまた読みたくなるのは、先生の小説だけです!
タギは今でもダントツで私の一番好きなキャラです。不動の存在です。りゅーまは私の青春です。
最近刊行された、ウミベリやプロポーズライセンスも凄くキラキラしていて引き込まれました。恋愛模様にきゅんきゅんさせていただきました。
これからも沢山先生の作品を読めたらなと思います。

寒い季節となって参りましたが、どうかご自愛ください。
榎木先生にとって良い一年となることを願っております。
  • 蒼葵
  • 2013/10/04 12:48 AM
榎木先生今晩は!
以前、バレンタイン企画で御世話になりました黒髪の七賢人付きお茶係の琉榎です(*´-`)
大好きな先生に通り名を付けていただいて、嬉しくて忘れられませんでした(о´∀`о)

榎木先生、お誕生日おめでとうございます!

いつも素敵なお話しをありがとうございます。
ずっと応援しています(´∇`)
  • 琉榎
  • 2013/10/04 1:28 AM
お誕生日おめでとうございます。

自分で初めて買ったコバルト文庫が「東方の魔女」でした。読む前はどんな話なのだろうと不安でしたが、大当たりでした! 今も榎木先生の作品を読むことができてうれしいです。

お祝い遅れてしまってすみません。榎木先生が朝起きられるまでに届きますように。
  • Ko-Akira
  • 2013/10/04 2:32 AM
こんな真夜中にすみませんっ!
ですが、お誕生おめでとうございます。
私も榎木先生のファンながら今まで影を潜めておりましたが(お手紙を差し上げたことは幾度かあるのですが)、今回初めて登場いたしました。
中学生の頃から守龍ワールドにはまっており、あの頃からみて倍以上の年になっても、変わらず私の中で輝いています。大人になった今読み返すとと、じーんと温かくなり切なくなり…。そのような作品と、そして先生と出会えたことを感謝しています。
もちろん一番好きなのはタギ!生涯変わらないNo.1です。なので、火龍と魔法使いを読んだときは嬉しくて心が震えました。
色々お伺いしたいことはあるのですが、まとまらないので、私の中でとどめておきたいと思います。
これからもずっと応援しています!
  • まゆみ
  • 2013/10/04 3:27 AM
誕生日おめでとうございます!
(って、まる一日遅れてますね)
でも、どうしても伝えたくて、時間切れを承知で書き込ませていただきました。
個人的な内容なのですが、実はン年目の結婚式記念日が10月3日なのです♪
偶然って、本当に素敵です。(今日ここを見て知りました)
来年からは、二重のお祝いに変更します!

榎木先生の本は、中学校の頃に読んで以来、すっかり虜になってしまいました。
一番のお気に入りは、タルスウェイとイマラアルト、ダリュスセインの親子です!
暁の王子の中で、しれっと(笑)でてきた熱々夫妻に、泣き笑いしてしまいました。
いつかあんな素敵な夫婦になれたらいいなと思ってます。
そして、セイン。
最初は苦手なコでしたが、何度も読み返すうちに好きになってました。

これからも、ずっと応援しています!
長文&一部私的な内容で大変申し訳ありませんでした。
  • にゃーこ
  • 2013/10/04 11:51 PM
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback