コンテンツ
ヘッダ

きりきりしゃんと!

小説家、榎木洋子の日記。仕事に関するもの、 そうでないもの。

カレンダー

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ボディ
メインコンテンツ

記事

タイトル
タイトル
うれしいなあ&昨今の事情
記事本文
こんにちは。
コメントやメールでこのところ立て続けに小説の感想をいただいております。とっても嬉しいです。
同人誌「火龍と魔法使い」の感想はイェンセンやタギに会えた嬉しさ、「ウミベリ物語」はトールとミミのラブラブの再開&再会を喜んでくださってて、書いてて良かったってにまにまします。
最初に作品読んでくれた後藤星さんが、面白くて切ないって言ってくれたり、即売会でお手伝いしてくれる売り子ちゃんが、「短い話なのに笑えて泣けて……」と感想くれたり、やっぱり書いてお届けするってイイコト尽くめだなあと、改めて感じました。
ちなみに同人誌「火龍と魔法使い」の裏表紙にタギがいる事は、まさに本を手に取った方だけの特権になるようにとずーーーっと伏せてました。
【同人誌】現在通販のとらのあなで品切れですが、他の既刊とともに納品済みなので、在庫復活までもう少しお待ち下さい。


さて。ちょっと別の個人的な話。

去年から今年にかけて、長いお休みというか小説のお仕事が滞っています。
これは私の一身上の都合(*1)で、待ってます、読みたいですとおっしゃって下さる皆さんには本当に申し訳ないと思ってます。
それでも新作を読みたいっていう言葉をもらって、それが嬉しくてゆっくりですが一歩ずつ前に進んでいるところです。
いま執筆中のものを仕上げて、無事に出版の運びとなったら真っ先に報告しに来ます。

よし。ここに書いちゃったんだから、今できること頑張ろう。
他にも言いたくてうずうずのこともあるんだ。
待っててね! 面白い小説書けたって言いにくるから!
また皆さんを楽しい世界にお連れします。


*1 一身上の都合といっても本人の病気とかじゃないので大丈夫です。
身内の長期入院と死別、それの前からじわじわきてたインプットの枯渇などが原因と思っています。
と、やっとここに書けるようになりました。
家族のこと喋るの得意じゃないのと、格好付けサンなので、こういう裏事情言うのは格好悪いなあと思って言いたくなかったのでした。
でもまあ、言っちゃえ。
説明しないとなんだろなーって思うよね。
と、告白でした。

追伸! これ書いたら反応というか、コメントとかし辛くなっちゃうよね! 書いてから頭が回ったわ。ごめんー(>_<) もし一言残したかったら、ただもう新作早くーとかがいいです。だって一番嬉しいからね。
記事続き
前後の記事
<< コミケあとのご挨拶 | TOP | 通販復活です >>

Comment

コメント本文
commentAnchor252
こんにちは。
ここに書かれたということは、だいぶ気持ちの整理がついた、ということでしょうか。
身内の不幸は精神的にダメージが大きいですものね。
ご無理なさらず、ぼちぼちと、できる範囲で…。
でも新作はやっぱり楽しみなので心待ちにしてます(^^)

「火龍と魔法使い」の裏表紙は、見た瞬間に「うわあ、先生、わざとだまってたわね〜!!」と思いました(^^;)
不意打ちくらって非常に嬉しかったです(笑)
後藤先生の絵も相変わらず素敵で…。宝物が増えました。
コメントフッター
みゆ | 2013/08/22
コメント本文
commentAnchor253
新作早くー(笑)

先生が紡ぎたいときに紡いでくれた言葉を、本を読めるのがなにより嬉しいです。
だから夏コミの新刊本当にうれしかったですし、はじめてのコミケは結構大変でしたがいってお会いできて本当にうれしかったです♪
「火龍と魔法使い」本当にイラストを見ているだけでも幸せになれて、本を読んでは楽しくなったりちょっと切なくもなったり。
私は榎木先生や後藤先生からたくさん嬉しいをもらえて幸せです☆
コメントフッター
あきこ | 2013/08/23
コメント本文
commentAnchor254
こんばんは。火龍と魔法使い、通販ですぐに買いました。まだタギとイェンセンの話しか読めていませんが、久々のタギ節、読みながらニヤニヤしてました。ウミベリの二人のラブラブっぷりも大好きなので、これからゆっくり読みたいと思います。もちろん、新作&続編も待ってます。
コメントフッター
ふらば | 2013/09/02
コメント本文
commentAnchor255
はじめまして!
先生の本大好きです!
ただ、1つ残念なのが、なかなかコミケにも通販にも参加出来ないこたと。

地方に住んでいるので、コミケは「行ってみたいなぁ」で終わってしまうし、通販は家族の許可がいるので、簡単にはできないのです。

いいなあ、うらやましいなぁと思いながら本屋で買える新刊が発売されるのを、首をながくして待ってますね!
コメントフッター
なん | 2013/09/12
コメント送信

Trackback

フッター
コピーライト
This template is made by CYPHR. (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.