<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

近況ですよ三月

今年はバレンタインデーの投票をすっ飛ばしてしまいました。
楽しみにしていらした方々ごめんなさい。
そんななか集英社経由でバレンタインチョコレートを戴きました。
ありがとうございます。
Twitterでも、リプを戴きました。タギ人気はすごいです。

私個人はただいまあれこれ準備期間になっています。
ゲームの仕事で去年の今頃からずーっと関わっている企画がありまして。
少しずつ形になってます。脚本担当です。

それとは別に、念願だった小説作品が今年は発表できそうです。

三月は人も物も沢山動くとき。皆さんもあわただしい日々を過ごしていると思います。
ワクワクしながら四月を迎えましょーー!



 
2014.03.06 Thursday 15:26 | comments(0) | trackbacks(0) | 

うれしいなあ&昨今の事情

こんにちは。
コメントやメールでこのところ立て続けに小説の感想をいただいております。とっても嬉しいです。
同人誌「火龍と魔法使い」の感想はイェンセンやタギに会えた嬉しさ、「ウミベリ物語」はトールとミミのラブラブの再開&再会を喜んでくださってて、書いてて良かったってにまにまします。
最初に作品読んでくれた後藤星さんが、面白くて切ないって言ってくれたり、即売会でお手伝いしてくれる売り子ちゃんが、「短い話なのに笑えて泣けて……」と感想くれたり、やっぱり書いてお届けするってイイコト尽くめだなあと、改めて感じました。
ちなみに同人誌「火龍と魔法使い」の裏表紙にタギがいる事は、まさに本を手に取った方だけの特権になるようにとずーーーっと伏せてました。
【同人誌】現在通販のとらのあなで品切れですが、他の既刊とともに納品済みなので、在庫復活までもう少しお待ち下さい。


さて。ちょっと別の個人的な話。

去年から今年にかけて、長いお休みというか小説のお仕事が滞っています。
これは私の一身上の都合(*1)で、待ってます、読みたいですとおっしゃって下さる皆さんには本当に申し訳ないと思ってます。
それでも新作を読みたいっていう言葉をもらって、それが嬉しくてゆっくりですが一歩ずつ前に進んでいるところです。
いま執筆中のものを仕上げて、無事に出版の運びとなったら真っ先に報告しに来ます。

よし。ここに書いちゃったんだから、今できること頑張ろう。
他にも言いたくてうずうずのこともあるんだ。
待っててね! 面白い小説書けたって言いにくるから!
また皆さんを楽しい世界にお連れします。


*1 一身上の都合といっても本人の病気とかじゃないので大丈夫です。
身内の長期入院と死別、それの前からじわじわきてたインプットの枯渇などが原因と思っています。
と、やっとここに書けるようになりました。
家族のこと喋るの得意じゃないのと、格好付けサンなので、こういう裏事情言うのは格好悪いなあと思って言いたくなかったのでした。
でもまあ、言っちゃえ。
説明しないとなんだろなーって思うよね。
と、告白でした。

追伸! これ書いたら反応というか、コメントとかし辛くなっちゃうよね! 書いてから頭が回ったわ。ごめんー(>_<) もし一言残したかったら、ただもう新作早くーとかがいいです。だって一番嬉しいからね。
2013.08.21 Wednesday 09:29 | comments(4) | trackbacks(0) | 

仔猫を迎えました

ツイッター読んで下さってる方はご存じと思いますが、生まれて40日位の仔猫を迎えました。三毛猫の姉妹です。二匹ですが、一匹はそのままうちに、もうひとりは里親さん捜すつもり。
この縁はまた不思議なモノで、ツイッターで猫欲しいなーとたまにつぶやいてたら、北海道在住の友人から「えのきさーん! 猫いりませんか」と話しかけられて。
えっ、だってあなた北海道でしょ? と思ったら、東京のご友人のご友人が庭で母猫を保護して母猫はチビ3匹連れてて、そのもらい手を探しているとのこと。手をこすり合わせるようにほくほくと立候補してわけです。
水曜に我が家に連れ帰ったその足で獣医へゴー。うち一匹がいっちょまえにフーッと威嚇しておりました。小さいのに頑張ってた。
今のところまるっと健康。虫もいないみたいな?
家に連れ帰ったらさっそく探検……とは行かず、ソファのしたにゴソゴソシーン。
そこを避難所に決めたようでした。
二日目の木曜はまだ姿見せずに、ご飯はちょっと食べてるみたい。
まあ、寂しいけど仕方なし。
金曜朝、確認したらご飯は綺麗になくってました!やったー。朝ご飯を用意して、離れていると、よっぽどお腹が空いていたのか、さくさくと隠れ家から出て来て、ご飯をもりもり食べていました。
今日のお昼も同じく。もうご飯係なのは分かっているもよう(笑)
でもまだ、ご飯中でも私の姿が見えると隠れちゃうんですけどね。
ソファ周りの探検はもうしているようですが、いつ姿を見せてくれるのかなー。
楽しみにしています。


猫猫
写真は、ウチにきてバッグから出たばかりのところ。目は仔猫の特徴の灰青色。大きくなったら何色になるかな。黄緑かな?黄色かな。



それはそうと。
■夏のコミケ参加します。
名前は守龍亭から→ドラコルナに。こちらに統一します。
10日土曜日、一日目、西1ホール れ65a「ドラコルナ」
考えてるのは「火龍と魔法使い」とか「ウミベリ国物語・外伝」とかです。
あとねーグッズもなにか作りたいなー。何がいいかなあ。ファイルとか鉄板だよね。
2013.05.31 Friday 20:33 | comments(2) | trackbacks(0) | 

先週日記。フクロウ乗せました

 先週家族とちまっと大阪旅行したご報告です。
風邪で体調崩して今頃の日記アップがなにか悲しい…。
でタイトルの意味は大阪に行く前に寄った掛川花鳥園。
そこで念願のフクロウ腕乗せを体験しました。

これはアフリカワシミミズク。
けっこう大きく見えるけど、体重は一キロ切ってます。
ほとんど羽のふわふわで大きく見えるだけ。
軽くて大人しくて、格好良かったです。

で大阪行って立ちよったのがここ。デンマークからきた100均の雑貨ショップTIGER。(*価格は百円以上もあります)
噂通り可愛いグッズが一杯ありました。
その戦利品を一部紹介。


左のバッグは見た瞬間に欲しいって思っちゃって。怪物が嬉しそうにカップケーキをパクって。
見てるこっちまで嬉しくなっちゃう絵柄。
こういうの日本でも一杯作ってくれたらいいのにー!



楽しんだ旅行でした。
旅行中、沢山歩きすぎて次の日は足がアイタタでしたけど!

2012.11.16 Friday 12:36 | comments(1) | trackbacks(0) | 

パンプディング

新刊で主人公が好きと行っていたパンプディングをつくりました。
前に作った失敗をすっかり忘れて、案の定同じ失敗しました。
事前練習の意味なし!
メモ・大・事。
えー、パンは卵液にもっと浸す!浸す!侵食させる!させる!

そののち然るべき温めたオーブンで焼く。
カラメルソースを下に敷いているので甘くて苦くて美味しいんですけどね。パンを食べてるとたまに白いまんまの箇所が出てきて悲しいです。
あと……砂糖がおっそろしく入ってます。
グラニュー糖カラメルに75グラム、プディングに80グラム。
次は減らそう…………。

新刊の主人公ルーチェは子供時代贅沢なおやつに縁が無かったので、これはとってもご馳走ですね。
好きになっても仕方ない。

ライルはルーチェを甘やかして甘い物なんでもあげちゃいそうです。
でも下心あって、絶対「はい口開けて、あーん」とかやらせてそーです。おバカップルです。
2012.11.05 Monday 14:19 | comments(0) | trackbacks(0) | 

カレーが辛すぎたときの敗者復活ルール

今日作ったカレーがうっかり辛口すぎて、助けーてぇぇ。とツイッターでつぶやいたら、様々な辛さ軽減方を教えていただきました。
有益すぎるので日記に書いてまとめておきます。

 「カレーが辛すぎたときの敗者復活ルール」ヽ(゚∀゚)ノ
   *順位ではなく、寄せられた順番です
1牛乳
(まろやかクリーミィに)
2玉葱とジャガイモを信じる
(タマネギは煮こめば煮こむほど甘くなる)
3蕩けるチーズ
(お皿に盛ったあとペラリと。またグラタン皿にご飯+カレーで
 オーブンで焼けばカレーグラタンにと)
4バター
(大概のお店の味の甘さはこれじゃない?)
 復活手段、みんな詳しすぎる。

カレー敗者復活ルールおかわり。
5インスタントのポタージュスープ
(ひとり分に一袋豪快にと)
6、ケチャップ+特濃ソース適量。
(いれすぎるとハヤシライス化するそうです!)

7、食べるときに皿に生卵。
(試しました。……アリですよ)

これらの知恵を授かって感じたこと。
カレーは、何でも受け入れてくれる料理のお母さんっ!!
 

夜になってさらに増えました。
8、ヨーグルト。またはココナッツミルク。
(ココナッツミルクで本格的タイ式カレーにと)


*生卵が最強伝説。
 大阪ではフツーにお店メニューらしい。フォロワーのキノコさんから教えて頂きました。『お皿にご飯とカレーを盛って、ご飯に少し窪みをつけてから、そこに生卵をどぼんと落とし、混ぜながら食べます。まろやかになりますよ』

みなさん、カレーの敗者復活ありがとうございましたっ。
2012.10.11 Thursday 20:27 | comments(2) | trackbacks(0) | 

ワンフェスの一日版権のあれこれ前編

ツイッターで9/27木曜に呟いて色々教えて貰ったのですが、実は2013年のワンフェス用に一日版権下さいと打診来ていると編集部から連絡いただきました。
で、気軽にいいよーと言ったのですが、作品名しか聞かされなかったので、その作品の何を作るのですか?と聞いたら会社の版権部に作家名(私)と作品名しか来ていませんと。(今回の私の場合は、です)
 えええーーー。そんなものなの?そんなんで版権渡しちゃうものなの?どーなのと聞いて回ったら、今回はまだ正式申請じゃなくて?打診のみだったもよう。
(後に自分でワンフェスHP見て読んで予備申請かなと推測)
で、ご親切な皆様から教えて貰ってワンフェスのHPみたりして、少しずつ事情が分かってきたので、どのキャラの何を作るか分かってから正式に御返事します、と答えてもらおうと編集部に言ったら。間もなく折り返しが来て「ここでOKっぽくすると、正式申請のときにもし意に沿わなくても断ることはムリぽです(意訳)」と返事が来てですね。もうどうしたら……orz


 会社の今までの事例では、作者と個人的に知り合いの造型師でもないかぎり、基本的に皆さんお断り方向ですと。そりゃ物が何か分かってからでは断るの難しいとか言われちゃったらそーですよねえ。これはある意味会社が作者と作品守る最良の手なわけですが……。
 いっぽうワンフェス側も参加ディーラー(同人誌イベントで言うサークル)の保護のために、強気で版権取りに来るっていうのも分かるんだよね。
 正式申請の前の予備申請じゃ作品名しか分からないのかなあ??(どうもそうではないようでした!)

 本音言うと、ワンフェスとか造型モノ大大大好きですよ。一回だけど行ったことありますよ。好きだから何か作ろうってなってくれてるわけですし、出来るだけOKしたいんですよ。
 しかしさすがにモノが何か分かんないうちはOK出せない。白紙委任状と一緒だもん。それは無理。
 というわけで本日再度、返事をどうしますかと言われて、断るしかないかなーと思ったら……。
 なんやかやで返事が火曜日まで保留になりました!!
 いえあの、ひょっとしたら詳細が版権部には来ているかも?みたいな返事がですね!!ちょ、待てよ的な展開がですねっっ!!というわけで、後半へ続く!!
(多分火曜日に分かると思います)

2012.10.05 Friday 22:19 | comments(0) | trackbacks(0) | 

今年最後のコレ

久々の食べました日記。
何に見えるかな?

一件ウニ丼に見えるコレは、「氷杏」かき氷のアンズ味です。杏がそのままのっかっている大胆さ。中にも杏の蜜が使われていて、美味しかったです。今年最後のかき氷ですね。
 東京はまだ残暑厳しく連日33度を記録していた今週でした。
この日は神楽坂を歩いていたのですが、猫の小物を扱った店も多くてついついちょこまか買い物。そのなかの一部がコレ。

猫のカードです。真ん中の青い子がお気に入り。やんちゃな顔ですよね。
左のカードは晩夏のイメージ。ちょっと寂しいけど情緒あるカードです。
2012.09.15 Saturday 07:58 | comments(0) | trackbacks(0) | 

るーたーろー

先日家の中のインターネット環境を少し変えました。
無線LANルーターの買い換えですが、
古いルーターにもお世話になったのでも、ただポイ捨てするのは忍びなく。
九十九神にはほど遠いけど、感謝の言葉を書いておこう。
で、マジックで殴り書きしたのがこれ。


ルー太郎


命名、「るたろう(以下中略)〜功績と共に去る」

そしたら。
いろいろ周辺器機が増えて。
この子、ルーターでなくスイッチハブ(要するにさし込み口増やしました)として復活が決まりました。

……功績と共に「復活!!!」て書いてあげればいいかなあ。

2012.08.31 Friday 04:05 | comments(1) | trackbacks(0) | 

ドラゴン&ドラゴン(1)

みんなードラゴンは好きですかー!?
私は大好きです。
……って多分全員知ってますね。
さて今回長いです。


 デビューして少しの時に雑誌コバルトで好きな何かのベスト10を上げる企画がありました。
そこに好きなドラゴンベスト10と好きな洞窟ベスト10とどっちにするか迷って、結局のっけからドラゴン押しを書いた私です。
 好きな洞窟ってなにー!?って思われるでしょうが、今日はすっとばしてドラゴンの話です。

 そのリストに書いた順番をいま必死に思い出そうとしているけど……。むむむ、2つしか思い出せない。
 でもでも不動の1位はウォーゼル(レンズマンシリーズ)
 初恋のドラゴン。読んだのは小学六年生くらいかな?
 古典SFといわれる「レンズマン・シリーズ」1巻目から出てくるヴェランシア人。龍型宇宙人で科学者で冷静沈着で頭が良くて丁寧な言葉遣い。科学者だからか種族性だからか、物事をまず観察する。めったに感情的な事は言わない。言っても控えめ。
 ちなみに次の記述にクラリと来ました。
《彼は陽気に言った。蛇のような身体の数ヤード分を手近な柱に素速く巻き付けると、残りの身体を水平に棒のように伸ばし、片方の翼の先端を床につく。それから無造作に身体を仰向けにひねり……》
 くつろいでいる体勢です(笑)。これにキュンとする人は仲間。だって翼の先端を床に着くんですよ? いうなれば飼い猫が、隠れん坊しているつもりで顔半分ドアの隙間から覗かせて、かつちょっと頭傾げてるの見てキュンとするのと一緒です。ちょっと乱暴かもだけど一緒です。

 私が書く守龍シリーズの龍たちの根本はここにあるんじゃないかなと思います。
 ただ好きになった一端には投書の装幀の真鍋博さんの絵が影響してるはず。現在の生瀬さんの絵は最高に渋くてカッコイイのですが、初期の植え付けで、ポップでサイケデリックでともかく明るい色彩の真鍋博さんの絵がなにより好きです。第一恐い顔してないし。
 (表紙見比べられるよう、新旧ふたつのっけました)

ウォーゼル
  


 第二位はボリス。(エルマーのぼうけんシリーズ・児童書)
 空色高原に住んでいた青と金色のしましま竜です。どうぶつ島で掴まって川の橋渡しをさせられていて、エルマーが助け出した子供の竜。キンギョソウ(*1)が大好物。かれとエルマーのふたりの冒険が大好きでした。
《りゅうは、くさむらの中からかけだして、とんだりはねたりしながらさけびました。「こっちです、こっちですよう! みえないの? はやくはやく!」》
 助けに来たエルマーにさけぶボリスが可愛くて。かれは私が最初にあった可愛い竜。
 これ、生まれて初めて自分のために買って貰った本でもありました。
 驚いたことにその時の本、ちゃんと家にありました。小学校に上がる記念に買って貰った本でした。本を買いに祖父と一緒に本屋へ行った時の事もまだちゃーんと覚えてる。嬉しい時の人間の記憶ってすごいですね。そして上製本の保ちのよさもすごい。……文庫は数十年単位では保ってくれないものね。紙質もぜんぜん違うし。よい本、大事な本はやっぱり上製本で持つべきかも。

 その他書いた名前は、
・ゴーバッシュ(ドラゴンになった青年・ハヤカワFT文庫)
・龍神丸(魔神英雄伝ワタル・TVアニメ)
・シアちゃん(ローンナイト・漫画・吉富昭仁著)
・ムラサキドラゴン(魔法がいっぱい・ハヤカワFT小説・オズの魔法使いの作者)
 あとはホビットの冒険のスマウグの名前は書いたかなー。どうだったか。
 初代ファイアーエムブレム(ゲーム)の無敵のチキちゃんの名前も書いたかどうか思い出せない。

 最初3つしか思い出せなかったけど、必死で考えてたら6つまで出て来た! バンザイ!
 残り4つなんだったかなあ。そのうちクローゼットの中の本棚のさらに奥の本棚に頭つっこんで探してきます。
 ドラゴン好きの方には、あああれ! って名前一杯と思います。これは20年くらい前の私の好きなドラゴンだったので、いまはまた少し違うけど……1位は絶対不動です。ぶれません(笑)。
 皆さんにもきっとお薦めドラゴンいるんじゃないかな。よければ教えて下さい。

 それでどうしてドラゴンについて書いたかというと、今と次と守龍シリーズでないけど、ドラゴンの出てくる小説書くからです。詳細はもう少しお待ち下さい。


(*1 好物はスカンクキャベツでした。キンギョソウは別のアイテムでした)
2012.07.15 Sunday 12:46 | comments(1) | trackbacks(0) | 
 | 1 / 5 PAGES | >>